女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

PICK UP

一日目が終了。マリブで開催中のロングボード世界大会Surf Relik(サーフ・レリック)とは??

投稿日:

2017年、カリフォルニア・マリブのファーストポイントでスタートした

新進気鋭のロングボードコンペティション『Surf Relik(サーフ・レリック)』。

賞金総額がなんと150,000USドル(日本円で約1640万円)とロングボードのコンペティションの中ではトップレベルです。

さてどんなイベントなんでしょうか??

スポンサーリンク



マリブで開催中!ロングボードの世界大会Surf Relik(サーフ・レリック)とは??

 

Surf Relikさん(@surf.relik)がシェアした投稿 -

Surf Relik(サーフ・レリック)とはロングボードの在り方を今一度見つめ直し、

ハイパフォーマンスとクラシックスタイル。どちらのサーフスタイルも共に認め合い成長を目指し

ロングボードの持つ伝統と未来を大切にしていこうという思いを形にしたロングボードのコンペティションです。

コンペティションのクラスはハイパフォーマンスタイル部門のMODEN DIVISION

クラシックスタイル部門のCLASSIC DIVISIONと分かれており

女性はMODEN DIVISIONのみのエントリーとなります。

2年目となる今年は今回のマリブの他に、同年9月にトラッセルズでの開催も予定。

世界のトップロガーとされる50名が選出され

その選出方法はインビテーションの他に

予選として1分のライディング映像を

SNSより応募して映像によって選ばれた人のみ出場が可能とされています。

10日間のウェイティング期間を設け、その中でコンディションの良い2日間に開催。

今回は6月15日〜25日のウェイティング期間の最終2日間24日、25日に決定し

すでに1日目は終了いたしました。

今回2回目の参加となった吉川広夏選手に聞いた所、

Surf Relikの会場はパラソルからビーチにひかれているラグまでかなりお洒落に作り込まれていて

選手専用のスペースではお寿司など美味しいご飯が用意され開催中はずっと楽しめるそう。

そしてマリブのスペシャルな波を25分〜30分を貸しきれてしまうのがとにかく最高だそうです!

Surf Relik@マリブ・ファーストポイントの2018年出場選手。

WOMAN'S MODEN DIVISION

Karina Rozunko (USA)
Honolua Blomfield (HAW)
Chloe Calmon (BRA)
Soleil Errico (USA)
Rachael Tilly (USA)
Alice Lemoigne (FRA)
Kathryn Hughes (AUS)
Crystal Walsh (HAW)
Justine Mauvin (FRA)
Victoria Vergara (FRA)
MARIA FERNANDA REYES (PER)
Lindsay Steinreide (USA)
Justine Dupont (FRA)
Kirra Seale (HAW)
Atalanta Batista (BRA)
Jen Smith (USA)
吉川広夏 (JPN)
田岡なつみ (JPN)

MEN'S MODEN DIVISION

Taylor Jensen (USA)
Harley Ingleby (AUS)
Ben Skinner (UK)
Tony Silvagni (USA)
Piccolo Clemente (PER)
Antoine Delpero (FRA)
Steven Sawyer (SAF)
Ned Snow (HAW)
Rodrigo Sphaier (BRA)
Cole Robbins (USA)
Adam Griffiths (UK)
Jack Entwistle (AUS)
Mike Stidham (USA)
Nelson Ahina III (HAW)
Phil Rajzman (BRA)
Edouard Delpero (FRA)
Kai Sallas (HAW)
Nic Jones (AUS)

MEN'S CLASSIC DIVISION

TYLER WARREN (USA)
Joe Rickabaugh (USA)
Tommy Witt (USA)
Justin Quintal (USA)
Jared Mell (USA)
Josh Seemann (USA)
Alex Knost (USA)
Jack Lynch (AUS)
Mick Rodgers (USA)
Reilly Stone (USA)
Andy Nieblas (USA)
Brian Anderson (USA)
Corey Colapinto (USA)
Harrison Roach (AUS)
Chad Marshall (USA)
瀬筒雄太 (JPN)

となんと日本からは3人も。

瀬筒雄太選手と田岡なつみ選手はビデオエントリーにて選ばれました。素晴らしいですね!!

Surf Relik(サーフ・レリック)一日目のハイライト映像。

 

Surf Relikさん(@surf.relik)がシェアした投稿 -

(全編はオフィシャルサイトで見れます。)

一日目が終了し、日本勢では吉川広夏選手がラウンドアップをし

明日は現地時間の6月25日6時30分よりWOMANS DIVISIONのラウンド3からスタート。

瀬筒雄太選手と田岡なつみ選手

残念でしたがあの素晴らしい舞台でのヒートお疲れ様でした!!

Surf Relikのオフィシャルサイトにてヒート表やライブを見ることが

できますのでチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-PICK UP

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.