女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

PICK UP

シングルフィンコンテスト『THE ONE LOG JAM JAPAN2018 』が開催間近!!

投稿日:

夏に近づくと共に多くのサーフコンテストがシーズンインしてきました。

様々なコンテストがある中で話題を呼んでいるのが

明日6月30日(土)に開催されるTHE ONE LOG JAM JAPAN

第3回となる今回もデジエントリーではエントリー開始後すぐに定員MAXとなる人気ぶり。

わずか3年目にしてこれほどのファンを作ったTHE ONE LOG JAM JAPANとは

どんなコンテストなんでしょうか??

スポンサーリンク



THE ONE LOG JAM JAPANとは?どんな内容?開催場所はどこ?

THE ONE LOG JAM JAPANとは。

ここ数年のシングルフィンブーム。

シングルフィンやオルタナティブボードのコンテストも増え、

クラシックスタイルサーフの愛好者たちも同じように増えてきました。

そんな愛好家達と共にお気に入りのシングルフィンボードを持ち出し、気持ちを1つに特有の優雅な空気を共有する。

みんなのファンな心を1つに繋がりを1つにそんな願いから THE ONE と名付け大会を主催するにあたったそうです。

スタイルマスターと呼ばれるサーファーや

切磋琢磨しチャレンジし続ける若手のサーファー

普段はコンペティションにあまり参加をしないフリーサーファーも全国から集まり

応援している方もその見応えに圧倒されクラシックなサーフィンに魅了される事間違いなしです。

あえてノースポンサーというのもコンペティションでは珍しいかと思います。

主催、運営にあたっているのは・・・・・

まず運営委員長の柴田クニアツさん

 

Kuniatsu Shibataさん(@kuniatsu4892)がシェアした投稿 -

浜松のサーフショップ『grassgreensurfgarage』の加藤ナオキさん。

 

Naoki Katoさん(@ggsg72)がシェアした投稿 -

アパレルブランドTheHardManの樋口シュンスケさん。

 

Shunsuke Higuchiさん(@thm1978)がシェアした投稿 -

カスタムサーフボードブランドFINGER SHAPEのシェイパー、横山コウタさん。

 

FINGER SHAPE®︎さん(@fingershape)がシェアした投稿 -

そして名古屋にあるサーフショップ『PIPPEN STORE』のピッペンさん。

 

PIPPENさん(@pippenstore)がシェアした投稿 -

1978年生まれ、同級生の5人はスタイリッシュなサーファーとして活躍し

彼らを支持するファンが多く存在しているのも本コンテストの人気の秘密かもしれません。

(私もファンです。)

コンペティションの内容は??

THE ONEという名にちなんでヒート中の最高の1本を魅せれた選手が

ラウンドアップできるという採点方法。

クラシカルなスタイルに特化したジャッジとなっております。

気になるクラスは

・Men's 1st class 

条件:ボードレギュレーションは9'0feet以上でシングルボックスもしくはシングルオンフィンであること。

・Men's 2st class 

条件:Men's 1st classと同じ

・Women's class

条件:Men's 1st&2st classと同じ

・THE FISH class

条件:4'8~6'2までのフィッシュボードであること。(フィンの数は問いません)

・THEONE INVITATIONAL class

と5クラス。豪華なインビテーションクラスをはじめどのクラスも見逃せません!!

シングルフィン愛好家やクラシックスタイルが好き、興味がある方は絶対に自分の目で見ておくべきコンテストだと思います。

開催場所はどこ??

 

PIPPENさん(@pippenstore)がシェアした投稿 -

静岡県浜松市の中田島砂丘のあるビーチ、通称凧場ポイントにて6:30AMより開催されます。

浜松駅より車で10分ほどでしょうか。

東名高速の浜松インターからは約11kmほどのポイントです。

きっと今年もいい波になるはず!!と期待が高まるばかり。

そしてコンテスト終了後、同日20時よりTHE ONE AFTER SESSION PARTYが

PUBLIC CAFE BAR PARK/ING(パブリックカフェバーパーキング)にて開催されます。

アフターパーティでは表彰式をはじめ、ライブなども楽しめるそう。

(住所:〒430-0944 静岡県浜松市中区田町315-24 ―1F)

いよいよ明日。素晴らしいサーファー達の競演が見れると思うとワクワクします。

会場で会いましょう!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-PICK UP

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.