女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

ITEM

環境に優しいオーガニックなサーフワックス『GOOD SURF WAX』がとってもオススメ!その理由は?

投稿日:

サーファーなら必ず持っているサーフワックス。

最近ではワックスを塗らなくてもいい素材のボードも出回ってはいますが

基本的にはサーフィンに必要不可欠なアイテムですよね。

サーフワックスの王道と言えばカリフォルニアの老舗ブランド『SEXWAX』が一番最初に出てくるとは思いますが

今や色々なブランドから様々なテクスチャーのサーフワックスが発売されています。

その中でも今回は最近日本に上陸したばかりのオーストラリアブランド『GOOD SURF WAX』が

とってもオススメなのでご紹介させてください♪

スポンサーリンク



オーストラリア産サーフワックス『GOOD SURF WAX』がオススメの理由!

『GOOD SURF WAX』が誕生したきっかけが素晴らしい。

皆さまサーフワックスの主成分には何が使われているかご存知でしょうか??

現在出回っているサーフワックスの多くは石油由来のパラフィンを主成分にしています。

パラフィンと総称される化合物の仲間は皆、かなり強い疎水性です。

従って水に溶ける量はごく微量で、結果的に言うと海を漂う事になり

魚が口にし食物連鎖が次第に崩れ、珊瑚が汚れ環境汚染に繋がっていきます。

なので海の環境問題が深刻化している現代では海で使用されるサーフワックスや

日焼け止めなどが環境にどれだけ影響を与えているのかよく議題に上がっています。

そこで立ち上げられたのが『GOOD SURF WAX』のチーム。

海をこよなく愛するサーファーだからこそ、海に一番優しくあって欲しい。

そんな思いから『GOOD SURF WAX』は誕生しました。

チームにはオーストラリアからアメリカまでワールドクラスのサーファー達がいます。

Jared Mell、Tom Morrat、Tom Wegner、Tommy Coleman他。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Goodsurfwaxさん(@goodsurfwax)がシェアした投稿 -

彼らはGoodSurfWaxの良さとブランドの認知度を広めてくれています。

『GOOD SURF WAX』の主成分、作られるまでの工程にこだわりを感じる。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PIPPENさん(@pippenstore)がシェアした投稿 -

『GOOD SURF WAX』はオーストラリア、クイーンズランド州のヌーサヘッズにある

小さな工房にて一つ一つハンドメイドで作られています。

ヌーサヘッズはロングボーダーの聖地として知られ多くのサーファーが通っている場所です。

私も一度だけ足を運ばせていただきましたが、美しい自然と最高の波、洗練された街並み・・・

忘れられない場所です。

そんな素敵な場所を拠点に作られている『GOOD SURF WAX』は間違いなくいいアイテムに決まっていると言いたいところですが、もっと詳しくご説明すると

成分には地元の養蜂場に協力してもらい最高級のミツロウを作ってもらい

そこにオーガニックのココナッツオイルをプラスしただけのとてもシンプルな仕上がり。

石油由来成分や添加物、香料など一切使用しない100%天然成分で100%生分解します。

海にもサーフボードにも自分自身にもとても優しい成分ですね。

非常に愛を感じます。

ちなみに日本の海向けには粘りを出す為に樹液をプラスし、より使いやすくしていますが

100%天然成分という点は変わりません。

そしてこだわりはワックスが入っている紙コップにも。

プラスチックフリーで植物由来のオイルが使用された紙を使用しているので100%土に帰ります。

(PIC:GOOD SURF WAX)

『GOOD SURF WAX』の使用方法

ワックスの塗り方

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Goodsurfwaxさん(@goodsurfwax)がシェアした投稿 -

『GOOD SURF WAX』は冬用のソフトと夏用のハードの2種類。

まずはサーフボードに付いているワックスを一度オフしてから

ハードをベースとして強めに塗っていきます。

ある程度強めに塗れたら少しリラックスして優しく重ねていきましょう。

そしてつぶつぶができてきたら、ソフトに切り替えてさらにワックスアップしていきます。

ゆっくりじっくり時間をかけて仕上げていく事が大事。

サーフボードとワックスと向き合う時間を楽しんでください。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Goodsurfwaxさん(@goodsurfwax)がシェアした投稿 -

使用する上で知っておいてほしい事。

ミツロウは温度の影響をほとんど受けないので

熱帯気候や猛暑日でも溶けづらく冷たい水温でも機能しますが

石油成分がメインのワックスとは使用感にやや違いを感じると思いますので

サーフィンをする前はその都度塗り込む事がポイントです。

日本円で850円と他のサーフワックスに比べて値段がちょっと高い!と言う声も多いらしいですが

それはとても貴重で世界中で需要が高いオーストラリア産の自然由来のミツロウを使用しているからです。

そして一つ一つ心を込めて手で作られている事。

また『Good Surf Wax』を使用する事は地域の農家をサポートすることに繋がります。

きっと価格帯を下げて大量生産するのは簡単な事だと思いますが、それをせずにこだわり続けること。

大事に使いたい素敵な製品とはそうであり続けて欲しいものですね。

まとめ

日本で発売開始になったばかりの『GOOD SURF WAX』。

メインサイトと日本で選ばれたサーフショップでのみ購入が可能となっております。

私は名古屋のサーフショップPIPPEN STOREにてチェックしました。

サーファーへのクリスマスプレゼントにも喜ばれるかもです♪

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mamma_brrさん(@mamma_brr)がシェアした投稿 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ITEM

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved.