女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

PICK UP TRIP

【女性ロングボーダー】IVY THOMAS(アイビー・トーマス)のキュートなライディング映像

投稿日:

今、最高の季節がやって来てるであろうオーストラリア。

美しく残る自然と垢抜けたサーフタウンに抜群のマシンウェーブに出逢える場所。

過去のオーストラリアトリップを思い出すだけでも胸がドキドキします。

ゴールドコーストには絵に書いたような美しいポイントブレイクに恵まれたポイントが多く

中でもスナッパーロックスやキラはステファニー・ギルモアミック・ファニングなど

スーパースター的サーファーのホームポイントとしても知られていますよね。

そしてもう1人今ロングボードのシーンでめきめきと露出が増えている

IVY THOMAS(アイビー・トーマス)もスナッパーロックスがホームポイント。

とっても可愛くおしゃれな彼女の最新ライディング映像が公開されました♪

スポンサーリンク



IVY THOMAS(アイビー・トーマス)のキュートなライディング映像

 

オーストラリアのクーランガッタ出身で現在19歳のアイビー。

12歳の頃にショートボードデビューを果たし

しばらくハイパフォーマンスなサーフィンを楽しんでいましたが

そのうちにロングボードの楽しさにも気付き

ショートボーダーの多いスナッパーロックスのメインラインナップに堂々とロングボードで

パドルアウト。

最初は馬鹿にされたり、周りのショートボーダーから『変な子だ』と言われて

コミュニティに混ざるのに苦労したそうなのですが

サーフィンを思いきり楽しむ彼女の姿にどんどん人が集まってきたそう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ivyさん(@ivythomas_)がシェアした投稿 -

 

私が彼女のライディングをしっかりと生で見たのはバリのチャングーにて。

しっかりとサイズのあるパワフルな波で何度もスイッチスタンスをしたり

ボードの上で寝そべってみたりとまるで子供がはしゃいで遊んでいるようで

見ている方も自然と笑顔になるようなキュートな印象でした。

現在は9'2のms surfboardsが彼女のバディです。

いつも1960年代のサーフスタイルからインスプレーションを得ているそう。

世界中のどこにでも行けるとしたらどこに行きたい?という質問には

『家の前のビーチで一日中サーフィンをして仲間とビールを飲みながら夕陽が沈むのを見ていたい』

と答える彼女。

世界の色々な場所でサーフィンをするのも刺激的で楽しいけど

最高のホームポイントと仲間を持つ自分の人生に対して大きな幸せを日々感じているそうです。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ivyさん(@ivythomas_)がシェアした投稿 -

まとめ

現在多くのロングボードコンペティションにもエントリーして活躍しているアイビー。

けれどガツガツしてない力の抜けたキュートでハッピーなサーフスタイルは

サーフィンの楽しさを一層感じさせてくれます。

是非彼女のライディングをチェックして見てください♪

 

 

(オーストラリアに行きたくなった方はこちら↓)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-PICK UP, TRIP

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved.