女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

PICK UP

新しい展開を見せる2019年のWSLワールドロングボードチャンピオンシップ。その内容とは??

投稿日:

2018年まで開催されていたWSL主催のワールドロングボードチャンピオンシップイベントは

ショートボードやビッグウェイブイベントとは違い

台湾や中国で開催される単発のイベントでワールドチャンピオンを決めていました。

しかし2019年はロングボーダーたちが

より多くのイベントや新しい場所での大会で露出を増やす事で

現在の限られたスポンサーのサポートを拡大するチャンスを掴めるよう

WSLが新たな試みに踏み切りました。

果たしてその内容とは?

スポンサーリンク



2019年のWSLワールドロングボードチャンピオンシップの新しい展開とは?

WSLワールドロングボードチャンピオンシップはこうなる!

(PIC:WSL)

先程も書いた通り

2018年まで開催されていたWSL主催のワールドロングボードチャンピオンシップイベントは

ショートボードやビッグウェイブイベントとは違い

台湾や中国で開催される単発のイベントでワールドチャンピオンを決めていました。

しかし2019年はロングボードツアーとして4つのイベントが組まれ

先日WSLがツアースケジュールを発表。

まずは2019年3月7日〜10日 ロングボードツアーヌーサ(オーストラリア)

最初の会場となるのは

オーストラリア・クイーンズランド州サンシャインコーストのヌーサヘッズ。

毎年3月老若男女様々なカテゴリーでサーフィンを楽しむ

『ヌーサ・フェスティバル・オブ・サーフィン』にWSLイベントが加わる形。

ツアー最初の会場には最高の場所ですね。

次に

2019年8月27日〜31日 ロングボードツアーガリシア(スペイン)

2019年9月6日〜12日 ロングボードツアーニューヨーク(アメリカ)

そして最後の舞台は

台湾オープンワールドロングボードチャンピオンシップ。(日付は現在未定)

大会の形式はヌーサ、ガリシア、ニューヨークの3イベントにて優勝した選手に

6,000ランキングポイント与えられ賞金はウィメンズ、メンズそれぞれ3万ドル。

3イベントの合計ポイントでトップ12に入った選手に

台湾オープンワールドロングボードチャンピオンシップの出場権が与えられ

見事台湾で優勝した選手には10,000ランキングポイントと賞金6万ドルが待っています。

ツアーディレクター、イベントの総監督にはデヴォン・ハワードが任命されました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Devon Howardさん(@devon_howard)がシェアした投稿 -

デヴォン・ハワードといえばロングボードマガジン誌の元編集者、

サーファーズジャーナルのエディターなどその他様々な肩書きを持ち

トーマス・キャンべルの名作『Sprout』や『Single-Fin Yellow』

『Expensive Porno Movie』や『One California Day」と

数多くのサーフムービーに出演やWSLのコンテストの参加経験、

バリ島でのロングボードコンペティション『Deus9ft & Single』では40歳で優勝経験と

サーフィンの圧倒的なスキルと経験、知識で大きな影響力を持つサーファーとして知られています。

今回の試みはロングボード史のアップデートとして重要な一歩であり

それにはサーフィンの歴史に影響を与え続ける

デヴォン・ハワードを迎える事が必要不可欠!!と

WSLのCEOソフィ・ゴルトシュミットは述べました。

2019年。

プロロングボードの世界の可能性が大きく広がる一年となりそうですね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-PICK UP

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved.