女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

HOW TO

出産後のサーフィンが〇〇だった!!復活までにやって良かった5つの事。

投稿日:

以前、

『妊婦になってもサーフィンはできるの?出産を経て学んだ海との付き合い方。』

でもお伝えした通り、私は今年、一児のママになりました。

妊娠中は産後2ヶ月でサーフィン復活するぞ!!と意気込んでおりましたが

思った以上に産後の身体はダメージ大、眠れない日々、そしてまだ寒い海。

そんな要因が重なり、とてもサーフィンができる状態ではなく

ゴールデンウィークが明けた後、出産後4ヶ月にしてサーフィン復活できました!

本記事では復活した時の感想と

復活までにやっておいてよかった5つの事をお伝えします。

スポンサーリンク



産後のサーフィンが〇〇だった!復活までにやって良かった5つの事。

産後初のサーフィンは〇〇だった!

妊娠が発覚してからしばらく海に入ってましたが

妊娠前と同じようにしっかりとサーフィンをするという事をやめてから約1年。

長かったようなあっという間のような・・・。

産後初のサーフィンは、2ヶ月後を目標にしてましたが先ほども書いたように

思った以上に身体へのダメージが大きく(なんだか身体のあちこちが痛い、睡眠不足)

無理はできなかったのと

さすがにまだ寒い中産まれたばかりの赤ちゃんを外に長い間連れて行くのは駄目なので

暖かくなってきた&人が少ないゴールデンウィークあけに海に連れて行ってもらいました。

その日は快晴!気温も暖かく、連れて行ってもらったポイントは私たちだけの貸切で

波は腰くらいでオフショア。なんて最高の条件なんでしょう!

まるで海がお帰りなさい、出産お疲れ様!と言ってくれているような状態。

1年ぶりにワックスをゴリゴリ。

あーーワクワク。子供は旦那さんに見てもらってさあ、いざ海へ!

ここでまず『ん?!』と思ったのが、思った以上にサーフボードが重い。

あれ・・・産前は軽々持っていたのに。

情けないことではありますがサーフボードを運ぶのを手伝ってもらいました。笑

そしてしっかりとストレッチをして入水。

その日は水温も暖かく3mmのジャージフルでも寒くない。

5mmのフルスーツだとパドルがしんどいんじゃないかと思い3mmで入れる日を

心待ちにしておりました。

『やはり1年のブランクがあるので、今日は1本でもいいのに乗れたらヨシとしよう。』と

思う気持ちと、

『きっと前みたいに乗れるだろう』という淡い期待も持ちながらパドルアウト。

この日は本当に面もクリーンで今までならアウトに行くのに苦労をしないはずなのに

アウトに出た時にはすごく息切れ。久しぶりに感じる二の腕の疲労感。

え・・・・アウトに出ただけなのに??!初めてサーフィンをした時の事を思いだしました。

お友達から『この波!!いい波!GOGO!』と言われてもすぐに体が動かない。

頑張って波を追いかけても置いていかれる。

『え・・・・うそやん』この言葉につきます。

やっとの思いで波に乗れても腕がヘトヘトで立ち上がれずよくわからない体勢をキープしながら

インサイドまで。

産後初のサーフィンは想像以上に大変だった!!

しかし、サーフィン復帰の為にちょっとだけ家でやっていたことがあったので

途中からはなんとか出産前のように乗れるようになってきました。

久しぶりのサーフィン、やっぱり最高でした。

復活までにやって良かった5つの事。

テイクオフの練習。

サーフィンをするにあたって大事な必須ステップであるテイクオフ。

これができないと波に乗れません。

腕立て伏せの要領で上体を押し上げ

前足の膝を胸に引き付ける。

この動きを素早くしないと刺さってしまいひっくりかえります。

上達するのにはかなり時間がかかるのに感覚が衰えるのはあっという間。

なので家で立つ練習をしましょう。

いい波が近づいてくるのを想像しながらパドルをスタートさせ、波を掴んだ!立つ!

これをひたすら繰り返します。

ちなみに3回やっただけで息上がりました。笑 

スクワットをする。

足の筋力はバランスを取るのに大事だと勝手に思っています。

せっかくテイクオフが成功してもバランスが取れずすぐにこけてしまったら

悔しいですよね。

しっかりとバランスを取るには波の圧力に対応する屈伸力が必要です。

両足を肩幅より少し広めに開き、足の先はやや外側を向け、手を頭で組んでゆっくりしゃがみます。

しゃがむときはかかとが上がらないようにし、膝が90度になったら戻ります。

3秒かけてしゃがみ、3秒かけて立ち上がります。

膝に負担がかからないように、背筋を伸ばしてやや斜め上を向いて行いましょう。

初心者や女性は10回1セットで3セットが目標です。

トレーニング後に足がプルプル言うぐらいがちょうど良いです。

一日30分のウォーキング

サーフィンはカロリー消費の激しいスポーツですので

心臓への負担も大きいのが事実です。

産後の体は結構弱っているので海で最悪な事態が起きないように

心肺機能&体力アップの為にも一日30分ほどのウォーキングをするといいかもしれません。

子供とお散歩がてらテクテク歩くのはお互いにとっていい事ばかり。

案外これだけでも筋力がついたりもします。

筋トレはあんまりできませんでしたがお散歩は天候が悪くない時は必ずしていました!

サーフィンの映像をひたすら見る。

サーフィンの感覚を忘れない為にサーフィンの映像を見続けるのはかなり有効です。

自分の好きなサーファーのライディングをひたすら観て研究して

イメージを頭の中でキープする事がとっても大事です。

もちろん同じ動きはできません、でも産前までに覚えてきたコツのようなものを忘れない為に

映像はひたすら見ると0スタートではなく、一歩だけ進んだ状態で復帰できる気がします。

脳みそに叩き込むイメージですね。

早くサーフィンがしたくてたまらなくなりますが、それもモチベーションアップに繋がるという事で!

子供を見ててもらう練習をしておく。

自分がサーフィンをする=その間は子供は誰かに見ててもらう。

これは子供と一緒に海に来ても、家でお留守番でもどちらにしても誰か協力が必要です。

私の場合は子供も一緒に海に連れてきて海に入っている間は旦那さんに見てもらってます。

見ててもらうには信頼関係をしっかり築く事が大切です。

普段から育児は協力しあいましょう。泣いていたらあやす、オムツを変える、ミルクをあげる。

これができる旦那さんは意外と少なかったりします。笑

私は海に入る直前に授乳して子供を旦那さんに託して1時間ほどサーフィン。

海から上がるといつもスヤスヤ旦那さんの腕の中で寝ている子供を見ると

感謝の気持ちでいっぱいになります。こういったシチュエーションで頼れると心強いです。

まとめ

正直な所、私は上の5つの事のうち

テイクオフの練習やスクワットはしっかりできていませんでした。

でも少しでもやっておいてよかったと思っています。

最後に、妊娠中にかなり体重が増えてウェットスーツが入らない!という方は

水着にジャケットなどで海に入れる時期に復帰するといいですね。

サーフィンをしていればきっと少しずつ体型も戻るはず・・・!!!

産後は半年くらいかけてゆっくり体型を戻すことがいいみたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-HOW TO

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2019 All Rights Reserved.