女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

HOW TO ITEM

【これで迷わない!】ビギナー女子におすすめのボードの選び方。

更新日:

サーフィンを始めるにあたって必ず必要なのはまずサーフボード

でもどれだけ種類があるのか、そしてどう選べばいいか自分だけで判断は出来ないですよね。

私はサーフィンスクールに行く前インターネットで安く売られていたショートボードを衝動買いしそうになった事があります。

ショートボードでチューブライディングが私のサーフィンのイメージだったからです。

この時に購入していたら今頃部屋のインテリアにもなってなかったんじゃないかなと思います。危険危険。

ではまずサーフボードの事を勉強してみましょう。

 

スポンサーリンク



長さによってどう違うの?

ショートボード   〜6’11フィート

 

先ほども書きましたが私が今までイメージしていたサーフィンはチューブライディングをする事でした。

なのでボードのイメージもショートボードになります。

意外とこの事を他の人に話してみるとサーフィン=ショートボードのイメージの方は多いみたいです。

ショートボードの特徴は

小回りがきき鋭角に攻めれるので思い切ったターンやエアーでの技、チューブライディングなど自分の思ったままのアグレッシブな動きが可能。

大きな波の時にはドルフィンスルーができるのでゲッティングもしやすいです。

持ち運ぶことはかなり楽かと思います。

しかしボードが小さい分浮力がないので安定感はなくパドルはかなり大変です。

初心者の女子がこの板を選んでサーフィンするには相当な根性と体力が必要。

私がもしショートボードでサーフィンを始めていたら何も出来ずすぐに挫けていたと思います。

ミッドレングス(ファンボード)  7〜8’11フィート

ショートボードよりの操作性とロングボードよりの安定性両ボードのメリットを取り込みその名の通りファンなのです。

テイクオフもしやすいのでサーフィンデビューにはミッドレングスからチャレンジできるといいかと思います。

そしてこのミッドレングスというサイズ感はもともとはショートボードが乗れない人が乗るボードとして「初心者ボード」のイメージが強かったですが

型にハマらないサーフィンをするサーファーが増え、ファンボードがいつからかミッドレングス(またはミッドレンジ)と呼ばれるようになりサイズのある波でもない波でもスタイリッシュにサーフィンを楽しめるボードとして注目度が上がり人気になりました。

近年はショートボードを好んでいたサーファーもミッドレングスに転向していたりします。

 

ロングボード   9フィート〜

 

 

浮力があるので安定性に優れており波の上をスムーズに進むのでパドルも楽で幅広い年代が楽しめるサイズ。

より早く波をキャッチできるのでテイクオフも早くこちらも初心者の女性には乗りやすいサイズではあります。(大きすぎはNG)

ロングボードのサーフィンを見ているとで個人的にうっとりするのは時間が止まっているようなノーズライディング。ググーっと美しいラインを描くクラシックスタイルなターンもたまらないです。

クロスステップでのウォーキングを女性がしていると本当に優雅で女性らしいです。

 

他にはどこを見るの??

レール(サーフボードの両サイドの部分)

一番丸く厚いレールはボキシーレールと言い、浮力があり反発力が強いので初心者の女子のテイクオフにはうってつけですがターンや加速がしにくいです。

一番細くエッジのきいたレールはフィフティフィフティナイフレールと言い、浮力がないのでより早くタイトなターンをすることができ加速も増します。

この二つの中間がミディアムといい癖のないレールです。

ボードによっては厚みが全体的に一緒のものから中心部からノーズ、レールに向かって違うものがあります。

アウトライン(ボード全体の形状)

ワイドでカーブのきついテールのサーフボードはターンをするのが比較的簡単でカーブがゆるい幅の狭いテールのボードは大きい波のためにデザインされています。

 

ロッカー(サーフボードの反り具合)

ボード全体にロッカーがあり反りの角度のよって波に対しての接地面積が変わり、フラットになればなるほど早く進みます。ノーズにロッカーが少しあるとパーリングをしにくくなりますよ

 

幅(サーフボードの横の長さ)

幅の広いボードの方が浮力があり安定性を考えると初心者の女子には向いています。幅の狭いボードは安定性にややかけますが早くターンができます。女性が幅の広いボードを片手で持ちにくい場合は頭に乗せて両手で支えて見ましょう。

 

素材

歴史の記事でもお伝えしましたがサーフボードは一番初めはで作られてました。

現代においても素材が木のボードは存在し続け、バルサ材や桐材コアウッド材など使われてます。

木製のボードの特徴はやはり自然なものを使用しているという安心感と味でしょうか。海水との相性も良いはずです。しかし結構重さが増します。

現在ではできる限り重さの負担が減るよう素材をミックスしてシェイプしてるシェイパーもいます。

一番ポピュラーなPU(ポリウレタン)。発砲ウレタンフォームをベースにしその上にグラス繊維の布を巻き、ウレタン樹脂で固めています。木の次に誕生した現代の主流素材です。

次に大量生産をしており比較的リーズナブルに購入できるエポキシ。ベースにEPS(発砲スチロール)を使用し、エポキシ素材でコーティングしてあります。

軽くて丈夫なのが特徴でショートボードや競技系サーフィンをする方はここを重要視します。

そして最後に近年人気の高いスポンジ性のボード。ソフトボードと呼ばれてます。

サーフィンスクールではこの素材のボードを使用する事が多く浮力がかなりあり柔らかい素材で万が一体に当たった時も怪我にならず安心なので初心者女子には打ってつけの素材です。

中級者、上級者もこの素材を遊び用に購入し、フィンレスサーフィンを楽しんだりする映像をよく見かけます。

まだまだサーフボードの素材は進化し続けているので新たな素材が出てくるのが楽しみですね♩

 

【まとめ】ビギナー女子におすすめのボードは・・・・

以上の事を総合して見ていくと

7フィート以上で浮力があり安定性の高いボードになります。

私が初めて乗ったボードは7フィートのソフトボードでした。

そこからソフトボードの8フィートに乗り

今はPU素材の8.6フィートのボードに乗っています。

最初の頃はパドルも必死で、立つ時のバランス感覚もなくすぐにこけたりしました。

こけた時や波に巻かれた時はボードに沢山体が当たりました。でも痛くないのでボードが当たる恐怖感はないんです。

海までボードを運んでる間に手の力が無くなり落としてしまう事も。

何度も今の事が固いボードで起こったら嫌だったなと思いました。

ソフトボードで安心して思い切り練習する事で、波を掴む感覚もわかりやすくストレスなく早く上達できると思います。

なので私の経験からして・・・・

7フィート以上のソフトボードから始めるのがとってもおすすめです。

そこから改めてどんなサーフィンがしたいか考えて次のボードを決めてもいいかと思います。

練習をつみソフトボードから固い素材のボードにデビューする時も何だか特別感がありますよ♩

今では私も今まで乗ってたソフトボードのフィンを外し遊んでみたりします。

是非参考にしてみてください♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-HOW TO, ITEM

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.