女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

ALL ITEM

冬のサーフィンには必須!!快適度が格段とアップするオススメ防寒アイテム9選!

更新日:

 

寒い寒い冬でも海に行くと波チェックをする女子がちらほら。

みんなやっぱりサーフィンを休む事なんてできないんだとちょっとした仲間意識でホっとするような不思議な気持ちになります。

そんな女子達の車をのぞいてみると冬サーフを100%楽しむ為のアイテム

バッチリ準備してあります。

その中でもこれは必須!!なアイテムを9つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



セミドライ、ドライスーツ

春秋用のウェットスーツが3mmだとしたら冬は5mmが一般的。

ジャージ素材にラバーを加えたセミドライ。裏地が裏起毛しているので冬サーフィンには欠かせないアイテムです。

ドライスーツはブーツまで一体化しているものもあり水の中に入ると一気に体に密着するので海水の侵入がなく乾いたままの体をキープできる最強アイテム。

動きやすさやメンテナンスの事を考えるとセミドライの方が気軽です。

ブーツ

サーフィン中一番冷えてくるのが足先。ここからどんどん体が冷えてきます。

少しでも足を寒さから守る為にはブーツは欠かせません。

足に密着してくれるので水の侵入を避けてくれます。

着替えが少しでも早くできるような着脱が楽なソックスタイプがオススメです。

私はここにさらに薄手のインナーソックスを重ねているのでこれのおかげでより着脱がスムーズです。

ブーツを履いていれば滑りにくくなるのでボードにワックスを塗る量も減ります。

 

 

グローブ

ブーツと同様、身につける事をオススメするアイテム。

グローブをつけずにパドルをしていると冷えからくる独特の痛みに襲われます。

それはもう我慢するのが辛いくらい。真冬の素手でする皿洗いはかなり辛いのと一緒です。

ミトンタイプなど様々な形のグローブがありますが個人的には指先が全部別れているものがオススメです。

ただグローブを一度つけると髪の毛を結んだり、フィンのねじをしめたりなどの作業が思うようにいかないので

一通りの準備が終わった最後に装着しましょう。

 

ヘッドキャップ

 

波待ちの時に濡れた髪を風に吹かれるとより寒さを感じます。またドルフィンをするショートボーダーもヘッドキャップがないと頭が割れてしまいそうになると口を揃えて言っています。

最近ではツバ付きもヘッドキャップもあり、日焼け予防にもなります。

そして冷たい水によって引き起こされるサーファーズイアーという病気も避けられます。

たまにニット帽を被っているサーファーもいますので小波の時にはいいかもしれません。

 

ホットジェル

 

こちらも絶対に欠かせないアイテム。肌に直接塗ると不思議とだんだん塗った所がポカポカになります。

1時間くらいは持続しますよ!!顔以外の色んな所に塗りましたが検証した結果、皮膚の薄い太ももやお腹周りなどが効果を感じやすいです。

肌の弱い方はきちんとパッチテストをしてから塗って見てくださいね。

 

ポンチョ

外で着替える時にあるとすごく便利なポンチョ。

私はフード付きのポンチョを持っていますがこれが本当に冬の着替えを助けてくれます。

つめたーい風を遮ってくれるのでポンチョがあるのとないのとでは全然違います。

途中てるてる坊主みたいになりますが着替え終わるまでそんな事は気にしてられません。笑

 

ポリタンクカバー

 

家からお湯を持ってきてもタンクを丸裸にしていたらあっという間に冷たくなります。

保温性の高いポリタンクカバーを使えば温水の状態をバッチリ保ってくれるので海上がりも安心です。

まずはウェットスーツの中に暖かい水を入れ込んで一息しましょう。

有料の温水シャワーがあれば最高ですが、それでも私はこの一息の為に温水は必ず準備しておきます。

 

保温性ボトル

家からホットドリンクを保温性のボトルにいれて置くと波チェックの時や上がった後にすぐに飲む事ができて体の中から温める事ができます。

持参する事によって余分なゴミも出ないのでGOOD。

おしゃれはボトルをチョイスして好きなドリンクをいれておくのも楽しみになりますよ。

 

ムートンブーツ

 

オーストラリアのサーファーやスイマー達が履き始めたことから一気に海へ進出したムートンブーツ。

裸足で履いても暖かいムートンブーツはサーファーガールの味方。

最近ではデザイン性、ファッション性が多く出ているのでコーディネートの一つとしても楽しめますね。

 

まとめ

 

海の中でも、海の外でもバッチリと防寒対策をするだけで過ごす時間が180度変わります。

最近では防寒グッズもおしゃれで可愛いものが増えてきてるので楽しいですね。

冷たい空気の中暖かいドリンクを飲みながら波チェックをする時間、大好きな瞬間の一つです。

保温ってすごいなと改めて感動します。笑

冬のサーフィンはお金がかかりますがこれだけあれば思い切りサーフィンを楽しめると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ALL, ITEM

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.