女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

HOW TO ITEM

【これで失敗しない】ウェットスーツの種類と時期に合わせた選び方。

投稿日:

 

サーフィンをするには絶対必要なウェットスーツ。

特に日本は水着だけでサーフィンできる期間は案外短く

水着の状態で身体を冷やしてしまったり

クラゲやチンクイの被害に合ってしまって痛くて痒い思いをしたり思いっきり日焼けをしたり・・・

ウェットスーツの着用が思いきりサーフィンを楽しむには良かったりするんです。

一言でウェットスーツと言っても様々な種類があるのでまずはウェットスーツの種類からチェックしてみましょう♩

 

スポンサーリンク



ウェットスーツの種類

タッパー

トップスとして機能するウェットスーツ。水着だけだとちょっと寒いなという時にとても重宝します。

厚さは1mmのタイプからあります。

ベストタイプ、半袖、長袖とありますが日焼けの事を考えると長袖がとてもおすすめです。

フロントジップのジャケットタイプが着脱が楽かと思います。海で着るカーディガンみたいなものと捉えていただいてもOK♩

ラッシュガードに似た感覚ですがラッシュガードは日焼け防止のみなので保温効果を求めるならタッパーにしましょう。

オススメシーズンは7月、8月。

 

KASSIA+SURFさん(@kassiasurf)がシェアした投稿 -

スプリング

ボトム部分が膝上ショート丈になっている暖かい時用のウェットスーツ。

厚さは2mmから作りがあり、上半身は半袖のタイプと長袖のタイプがあり長袖の場合は「ロングスプリング」といいます。

「ロンスプ」と略して言う人も多いと思います。

こちらも女子なら日焼けの事を考えると長袖がおすすめです。

水温が暖かくても外気温が低い時に重宝します。着脱も楽です。

そしてボトムもショートタイプ、スイムカットタイプがありスイムカットの方だと足全体がバランスよく日焼けでき、足も綺麗に見えます。より女性らしさを求めるならスイムカットで探してみましょう。

オススメシーズンは7月〜9月。

 

KASSIA+SURFさん(@kassiasurf)がシェアした投稿 -

ショートジョン

上はノースリーブ下は膝までのウェットスーツです。

足首まで長さがあるものはロングジョンと言います。

すでにジャケットタイプのタッパーをお持ちの方は重ねるとフルスーツやスプリングのに近い感覚になります。

暖かい時用のウェットスーツになりますが重ねればもう少し長い期間着れますよ。

オススメの時期は単体でしたら7月〜9月。

タッパー着用で6月〜10月。

 

 

KASSIA+SURFさん(@kassiasurf)がシェアした投稿 -

シーガル

半袖で足首まで長さのあるウェットスーツです。

こちらも夏に入る前後の季節の変わり目などに非常に重宝する形です。

ショートジョン同様ジャケットを重ねるのもありです!!

ただ個人的には女性のシーガル率は少ないような気がします。

オススメ時期は4月〜10月。

フルスーツ

1年を通して一番使用率の高いウェットスーツです。

全身がカバーされるので保温性はもちろん怪我の心配も少なく一枚は絶対必要なアイテム。

3mmフルをひとまず買っておきましょう。私も初めて購入したのはこちらでした。

3mmフルスーツは冬と真夏以外はずっと着れます。

ジャージ素材ですと柔らかく伸縮性に優れているので動きやすく

ラバー素材ですとやや動きにくくなりますが水の侵入を最大限防いでくれるので冬にはいいです。

冬場は厚さや素材を変えセミドライ(冬)、ドライスーツ(真冬)にしましょう。

 

 

KASSIA+SURFさん(@kassiasurf)がシェアした投稿 -

ウェットスーツは何着も必要??

長い期間サーフィンを楽しみたいなら答えは『イエス』です。

時期によってウェットスーツの形状、厚さなどの調整は必要不可欠なんです。

寒くなってきたらジャケットだけではサーフィンはできないですし

フルスーツで真夏のサーフィンもなかなか暑苦しいです。

お洋服や靴と一緒でTPOに合わせましょう。

水着でできる時にしかサーフィンしないという方も冒頭で申し上げたように

夏でも水温は自分が思った以上に身体を体温を奪っていきます。

そして日焼け防止や海の生物の接触から体を守ったりボードや人とぶつかったりした時や

ボードについているワックスで体が擦れてヒリヒリしたりなど・・・

ウェットスーツを着ていればある程度避けられますのでジャケットまたはスプリングなどあるといいでしょう。

外気温が暖かくなって着ても水温は1ヵ月から2ヵ月遅れで水温が上がっていきます。

水温をよくチェックしてその時々でウェットスーツを選べるようにしておくとより長くサーフィンができます。

私も3mmジャージフルスーツ、ジャケット、ロングスプリング、5mmセミドライスーツと揃えてあるのでどのタイミングでも快適にサーフィンができています。

 

何故保温性があるの?

ネオプレンゴム内に沢山の独立した気泡が断熱材として機能してくれるので外が濡れていても体温を奪わず保温してくれるのです。

着用にあたって大切な事。

より保温性を高めるために必要なのはきちんとサイズの合ったウェットスーツを着るという事。

素材が素晴らしくてもブカブカのウェットスーツを着てしまったら海水が侵入してしまうので本末転倒です。そして動きにくいのでサーフィンもしづらいです。

特にフルスーツは必ずオーダーしましょう!!

あとはしばらく使っていると繋ぎ目の所などに穴が開き海水が侵入してくるのですぐに修理をするか新調をオススメします。

ゴムも次第に硬くなってくるので2〜3年に一度が買い替え時かと思われます。

少々お値段はしますがお洒落なウェットスーツブランドも沢山あったり自分の好きなようにオーダーするのも楽しいので少しずつアイテムを増やしていきましょう♩

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-HOW TO, ITEM

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.