女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

ITEM

海を守る活動をしている団体「4OCEAN」からリリースされている100%リサイクルのブレスレット。

投稿日:

現在、人間による環境破壊が進み汚染が止まらない地球。

特に急速に発展が進むリゾート地では観光客が増え栄えていく一方で

ゴミ処理の技術は非常に乏しく、下水なども古いままの所が多いので結局の所大量に出たゴミや生活用水や汚水の最終的な行方が海や川、山となってしまいます。

雨が大量に降る雨季は海がゴミだらけになっているのを目の当たりにする事も。

私も旅をする中でリゾート地の裏事情を何度も目にした事があります。

それは本来の美しい自然とは程遠い恐ろしい光景です。

大量に出たゴミの多くは海で分解される事なくただ漂い続け同じ場所に固まって行くので

上空から見ると一つの大きな島のように浮遊しているそうです。

そんな”島”が世界にはいくつも存在し分解されず細かくなったプラスチックやビニールのかけらを海の生き物達が食べてしまい毒されていくのです。

それの繰り返しでどんどん生態系が壊れていく一方。

(海に流れたゴミがどれくらいの時間をかけて無くなっていくのかをわかりやすくまとめた画像)

(PIC:4OCEAN)

英国政府によると今のままだと2025年にはプラスチックのゴミの量は現在の3倍になり

2050年には魚の量よりゴミが多くなるであろうと予想されています。

現在では数値に表すと約1億5000万トンのプラスチックが海に存在し

毎年約800万トンが海に流れています。

日本でも一度汚い状態の海に入りサーフィンをしましたが浮遊するゴミと謎の泡が怖くなりすぐに上がりました。

私自身環境破壊に関してやや他人事な部分がありましたが、サーフィンを始めてから少しずつ意識が変わってきています。

そして探してみると環境を守る為に活動している団体は沢山存在している事に気づきました。

そんな中で目に止まったのが「4OCEAN」という団体。

32万人強のフォロワーがいるインスタグラムを見てみるとそこにはこんな動画が。

 

4Ocean™ Braceletsさん(@4ocean)がシェアした投稿 -

 

4Ocean™ Braceletsさん(@4ocean)がシェアした投稿 -

これがゴミの島です。こんな光景が実際に存在するんです。

スポンサーリンク



4OCEANの始まり

こんな現状を変えて行こうと立ち上がった団体の一つ「4OCEAN」

海をこよなく愛する2人のサーファーがとあるリゾート地にて

バケーションを過ごした所から始まります。

彼らがサーフィンを終え海辺で座っていると漁に出て行く船達が。

船は大量のゴミの間を通りながら就航していき、朝には自分達の家族を養っていく為にとにかくできる限り多くの魚を取って戻ってきます。

2人のサーファーはそのゴミの量と乱獲を続ける彼らの行動にショックを受け

海を守る為、そして彼らの生活の為何とかできないかと考えます。

そして魚ではなく海のゴミを大量に取って来てもらいそれに対してお金を払おうと思いつき

地元の漁師にその旨を提案し雇うように。

漁師により集められたゴミはリサイクルされブレスレットに形を変え世に出ます。

100%リサイクルのブレスレットを私達が購入する事によって資金が生まれ

同じように漁師を雇い海に浮かぶ大量のゴミを収集してもらいリサイクルできるようになるシステム。

 

4Ocean™ Braceletsさん(@4ocean)がシェアした投稿 -

現在では

海を愛する2人から始まった小さなプロジェクトは

やがて多くの人に広まっていき一つの大きな団体となります。

活動を開始した最初の年には1年でなんと113トンものゴミを集める事に成功し

現在では7人の漁師がフルタイムで海に浮いているゴミの収集にまわったり

漁師だけではなく一般の人たちによる海岸で大規模なビーチクリーン

ダイバーによる沖合の海の底に沈んだゴミのクリーンアップなど16ヶ国に渡り活動が続けられています。

私達も普段からゴミをできる限り出さないようエコバックの利用、マイボトルの利用を心がけたりなど

簡単にできる事はいくらでもあるはず。

最近では可愛いエコバックやマイボトルが多いのでお気に入りのエコアイテムを見つけるのも楽しいですよね。

その中の一つとしてこのブレスレットをオフィシャルサイトから購入してみるのも一つの手段。

ブレスレットはだいたい日本円で2千円ほどです。

一つ購入すれば約450グラムのゴミの回収ができる仕組みになっています。

ユニセックスなので男女問わず身につけれるシンプルなデザインで時期によってヒモの色が変わります。

調節可能なので足首につけてもいいですね!

もちろん自らクリーンアップに参加する事も素晴らしいですがなかなか参加できない方は

こういう所からプロジェクトの一員として参加していってもいいかなと思います。

 

4Ocean™ Braceletsさん(@4ocean)がシェアした投稿 -

話は変わりますが

最近、観光客が増えたフィリピンのボラカイ島の汚染を問題視し

4月26日から観光客の立ち入りを半年間禁止にするというニュースを目にしました。

排水処理システムの工事や違法建築の撤去工事が進められるそうで

その間観光産業には痛手かもしれませんがこの判断は素晴らしいです。

それぞれの意識やちょっとした行動、自分が育っている環境を愛する事で

今、絶望的に思われている地球の未来は大きくいい方向に変わるかもしれません。

自分達、将来の子供達の為にも地球に優しく日々過ごして行けたらいいですね!

私はまだまだ意識が足りないので海とサーフィンを愛する人として

今後はもっともっと地球に優しくなろうと強く思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ITEM

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.