女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

PICK UP

サーフ&コーヒー。オーストラリアのリアルな味を楽しめる移動式コーヒースタンド『The early social(ザ・アーリーソーシャル)』がオープン。

投稿日:

サーフィンをスタートしてお気に入りのサーフショップを見つけると

仕事の帰りやノーサーフな休日にフラっと足が向くようになります。

ニューアイテムをゲットしてみたり

サーフィンについて気になる事を聞いてみたり

並んでいるボードを見てワクワクしたり。

私の場合は一度お店に行くと気がついたら3時間くらい経ってる!という事が多いです。

そんな時に美味しいコーヒーとか飲めたらさらに居心地が良くなって最高だなーと思っていたら

なんとお気に入りのサーフショップに移動式のコーヒースタンドができました。

 

The early socialさん(@earlysocial__)がシェアした投稿 -

『The early social(ザ・アーリーソーシャル)』

ワーキングホリデーでオーストラリアに長期滞在し現地での文化や旬を吸収してきた若きオーナーの現役大学生稲垣君。

お店の名前の由来を尋ねると

「早起きの人を英語でEarly birdと言います。朝早くから動き出すサーファー、そこに憧れを持つ全てのビーチラバーが集まる場を作りたい。そんな意味があります。」

と答えてくれました。

今年(2018年)の2月にオーストラリアから日本に帰国したばかりで

休学していた大学生活をリスタートし名古屋でも人気の高いレストランでバイトに励み、

休日はサーフィンに行く。そんな中で新しく得た現地の情報をアウトプットする為に

すぐにコーヒースタンドをオープンするという行動力とパワーがとても素晴らしいです。

彼の明るい人柄とポジティブなオーラがいかに彼の過ごす時間が充実しているか物語っています。

オープンにあたってロゴデザインやスタンド作りに関わったのは

愛知県豊田市にてショールームを構え注文住宅からショップデザインまで幅広く請け負っているMINER BASEさん

 

MINER BASE..ozilowさん(@minerbase_)がシェアした投稿 -

看板などのペイントを仕上げた愛知県犬山市に工房を持つ看板製作等をこなす職人SUNNYNAPさん。

 

muramatsuさん(@sunnynap)がシェアした投稿 -

そしてハイセンスな職人さんとコーヒースタンドオーナー稲垣君の出会いの場となり

私もお世話になっている愛知県名古屋市のサーフショップPIPPENSTORE

 

PIPPENさん(@pippenstore)がシェアした投稿 -

最高のコミュニティーを得ておしゃれな移動式コーヒースタンドが完成しました。

そんな稲垣君がワーキングホリデーの間、様々なカフェでコーヒーを飲み歩き感じたのは

最近オーストラリアで人気が高いのは酸味のあるコーヒーという事

東ティモールのオーガニック豆を使用してスッキリとした味わいのコーヒーを作ってくれます。

ACO(オーストラリアオーガニック品質保証)の基準にて品質保証されている人気のメーカー

「Buncoffee」から出ているオーガニックティーのパックも販売されていてこちらも要チェック。

 

BunCoffeeさん(@buncoffee)がシェアした投稿 -

現在のメニューは

エスプレッソ

ロングブラック(ホット・アイス)

ラテ(ホット・アイス)

フラットホワイト

カプチーノ

チャイラテ(ホット・アイス)

抹茶ラテ(ホット・アイス)

ミルク(ホット・アイス)

アールグレイ(ホット・アイス)

ミントティー

と幅広く、コーヒーが飲めない人も楽しめます。

健康志向が高いオーストラリアの文化を取り入れオーガニックにこだわり

今後はヘルシーな焼菓子もコーヒーのお供にできるようにしていくそう。

美味しいコーヒーを飲みながらサーフショップで楽しい時間を過ごす。

これが叶ってしまったのでますます長居してしまいそうです。

基本的には場所は変わりませんがイベント等あった場合は移動する可能性があるので

The early socialのインスタグラムをチェックしてみてください♩

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-PICK UP

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.