女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

HOW TO

【初心者必見】海難事故の原因の一つでもある離岸流(カレント)とは??私が体験した怖い出来事と知っておくべき見分け方。そしてもしもの時の対処方法。

更新日:

海水浴シーズンになってくると悲しい事に必ず起きてしまう海難事故。

その原因の一つとしてあげられるのが離岸流(カレント)

「サーファーが流されて見つからない」このフレーズが出たら100パーセント離岸流による事故です。

しかしサーファーはそのパワーを利用する事も可能なのです。

離岸流の性質を知って海としっかり向き合いましょう!

スポンサーリンク



離岸流(カレント)とは?

基本的な性質

ほとんど変わらず常に流れている海流、潮の干満に従って周期的に流れを変える潮流のほかに

海岸に打ち寄せた波が運んできた海水が海岸に沿ってしばらく流れたあと

波の勢いが弱いところを通って沖に戻って行く際に現れる強い流れの離岸流があります。

波が打ち寄せる時は広い海岸線のどこにでも打ち寄せれますが、

海水が引いて行く時は波に逆らって沖に出ないといけないので

水路のような地形になっている所に海水が集まりそこからまとまって引いていきます。

その為引く時の力の方が強く、波が大きければ大きいほど力は強くなり流れも早くなります。

テトラポットや堤防横は発生しやすい?

人工構造物である堤防やテトラポットの設置によって海の中の状態が変わり

強い離岸流の発生率が高くテトラポットに吸い込まれて抜け出せなくなり打ち寄せてきた波で

体を打ち付けてしまう人もいます。堤防横とテトラポット周辺はかなり要注意です。

サーファーには有利な時もある

基本的に離岸流が起きている箇所は波が小さく沖に出る順路ができているので

サーファーはアウトに出る際この離岸流を見つけて出た方が断然、体力を消耗せずに出る事ができます。

しかし強い沖への流れがある時は波が大きい時が多いのでビギナーが流れに乗って

アウトに出たとしてもたどり着いた先で割れる大きな波には乗れずに

再び流されてしまう可能性も十分にある事も忘れずに。

私が体験した海水浴中の怖い出来事

10代の頃、海水浴に出かけるのが大好きだった私は

毎年のように自分のお気に入りのビーチに出かけていました。

この時まだ離岸流の事なんて知りません。

あまり泳げないけど浮輪さえあれば大丈夫と過信して

その日も早朝まだ誰も入っていない海に飛び込み

浮輪でプカプカ浮かびながらボーっとしているとあっという間に沖に。

「今日は砂浜から遠くなるのが早いなー」なんて感じながらも

この時点でもまだ浮輪があるから大丈夫なんて思っていました。

しかしなんとそのタイミングで私の元に一匹の大きなハチが!(何故ここまでやって来たのかは謎)

虫が大の苦手な私は刺される事を恐れてハチを追い払う事もできず浮き輪から離れてしまい

そのハチは優雅に浮き輪に止まったまま。

よし。浮き輪は諦めて砂浜まで頑張って泳いで帰ろう。そう決心して泳ぎはじめました。

・・・・・・しばらく泳いでもなかなか砂浜にはたどり着きません。

むしろ全然近づいていない??!怖くなってさっきの浮き輪をやっぱり取りに戻ろうと振り返ると

浮き輪はもうすでに遥か沖へ。

自分に何が起きているかわからなくなり少しずつパニックに。

もともと体力がない上に泳ぎも得意ではない。息がだんだん上がってきます。

必死に泳いでも泳いでも一向に進まないんです。周りには頼れる人は誰もいません。私だけです。

体力が尽きかけ、体が海の中に沈んでしまい大量に海水を飲んでしまった時

「私は死ぬのかも・・・」本当にそう思いました。

薄れて行く意識の中で最後に頭をよぎったのは「背泳ぎ!!」

このオチを話すとたいがいの人が笑ってくれますが、その時の私はもう本当に必死で必死で。

最後の力を振り絞って体の向きを変えもう方向感覚もわからぬまま

ただ息ができてるのが幸せと感じながら背泳ぎをしていたらすぐに私の手に砂の感触が。

え?さっきまであんなに泳いでも進まなかったのになんでこんなにすぐたどり着いたんだろう?

背泳ぎがやけに得意なのかな?そう思いましたが

後から離岸流というものを知り私は浮き輪でプカプカ浮いている時から離岸流で沖に流されていて

浮き輪から離れて泳いでる間もずっと流れに逆らっている状態。

きっと背泳ぎの時に自然と流れから抜け出していたんだと思うと

不運なのかラッキーなのかわかりませんがとにかく生きててよかったと心の底から感じました。

この時の私みたいに「気がついたら離岸流で流されていた」

こんな事が無いように海に入る前に必ず海の状態を観察しましょう。

離岸流の見分ける方法。

ゴミや浮遊物の動きを見る

白い泡や海藻などの浮遊物、ゴミなどの動きを見ます。

それらが集まって沖に流れていればそこには離岸流が発生している可能性大です。

海の色を見る

離岸流が発生しやすい場所は急に深くなっていたり

濁ったりしている事が多く海の色が周りと違ったりします。

波の割れ方の違いを見る

波の割れ方が周りと比べて小さかったり、割れなかったりする場所では

離岸流が発生している可能性が高いです。

サーファーが通る場所を見ても参考になると思います。

先に入っているサーファーを見る

自分より先に入っているサーファーの動きをよく見る。

波待ちの時にポジショニングをキープする為にずっとパドルをしていたら流れがきつい証拠。

この時流れている方向もきちんと把握してパドルし続けれる自信がなければ海に入らないのが賢明です。

波待ち中の目印を見る。

サーフィン中は波待ち中のポジションを把握するために

事前に砂浜に目立つものを置いておいたり何か目印を決めておきましょう。

波待ちしている時大きく自分の場所がズレていたら流されている可能性があります。

もしも流されてしまったら

もしそれでも意図せずにかなり流されてしまったら

流れに逆らう事はせずに海岸と平行に逃げてください。

私みたいに戻る事に必死になってまっすぐ泳ぐと体力を消耗しパニックになるだけです。

離岸流の幅は20メートルから30メートルなので

まずはそこから抜け出す事を考え泳ぐまたはパドルしましょう。急がば回れです。

まとめ

海のメカニズムを把握して向き合う事で最悪の事態は避けられます。

流れがきつそうな時は絶対に無理はせずしばらく様子を見ましょう。

日頃からスタミナ作りをしておくのもいいかもしれませんね♩

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-HOW TO

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.