女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

PICK UP

女性ロングボーダーを撮り続けるフィルマーRoxy Facer(ロキシー・フェイサー)。

投稿日:

(PIC:RoxfaceProduction)

サーフィンって本当に難しい。

上達するにはどうしたらいいんだろう?

そんな質問をした時、

「常にサーフィンが上手い人のスタイルを見てイメージトレーニングをする事が大事」

教えてもらいました。

最近では嬉しい事にインスタグラムやYouTube、Vimeoなどの市場が拡大しているおかげで

映画以外でも女性サーファーにフューチャーした映像を簡単に見る事ができます。

男性サーファーに比べるとまだまだ少ないですが、女性サーファーの映像は確実に増えて来ています。

私はロングボードに美しく乗りたいという願望が強いので女性ロングボーダーを検索する事が多く

映像を探している中で1人の女性フィルマーRoxy Facer(ロキシー・フェイサー)に辿り着きました。

スポンサーリンク



女性ロングボーダーを撮り続けるフィルマー、ロキシー・フェイサー。

ロキシー・フェイサーってどんな人??

現在20代半ばのロキシーはハワイのオアフ島を拠点にしています。

 

Roxy Facerさん(@roxface)がシェアした投稿 -

自身もロングボードを愛するサーファーであり、5年前に結婚。旦那さんもサーファーです。

ロキシーが映像を撮り始めたきっかけ

トーマス・キャンベル監督のフィルム「Sprout」でのLady Slideというシーンが

大好きなシーンの一つと語る彼女ですが

フィルムで出てくる女性のシーンは男性に比べると非常に少ないという事に疑問を抱きました。

他のフィルムも同じという事に気付き、

女性サーファーが増えているのに女性達にフューチャーしていかないなんて

ナンセンス!と思い2年前カメラを購入。

若き彼女はハワイにいる女性サーファー達を精力的に撮っていき

SNSを通して映像や写真を世に送り出しています。

陸はもちろんドローンを使った空撮や水中からの撮影

なんでもこなし瞬く間にに彼女は多くのサーファーからラブコールが来るようになりました。

 

Roxy Facerさん(@roxface)がシェアした投稿 -

サーフィンの映像の他にもウェディングフォト

水着ブランドやコスメブランドのコマーシャル作成なども担当し

オアフ島以外にもフランス、オーストラリア、アメリカなどのビーチで撮影をするアクティブフィルマーです。

女性ロングボーダー必見!ロキシーの代表作とも言える美しいサーフムービー

中でも

Kelia Moniz(ケリア・モニーツ)、Natalia Smith(ナタリア・スミス)、Rosie Jaffurs(ロージー・ジャファーズ)、Victoria Vergara(ヴィクトリア・ヴェルガラ)、Justine Mauvin(ジャスティン・マーヴィン)、Soleil Errico(ソレイル・エリコ)や世界のロングボードチャンピオンのHonolua Bloomfield(ホノルア・ブルームフィールド)など

今をときめく女性ロングボーダー達の美しいライディングが4分弱にまとめられたこちらの映像は

大作と言っても過言ではないくらいスペシャルです。

彼女達のライディングがしっかりと見れるのが最高!!イメージトレーニングできちゃいますね。

この人のサーフィンが好き!というのを見つけれたら

何度も何度も繰り返し映像を見て鏡の前で練習してみると上達にはすごくいいです。

まとめ

ラインナップで波待ちをしている人たちが振り返って魅入ってしまう女性ロングボーダー達。

私はついつい見すぎてセットに気付かず巻かれた経験もあります。笑

ノーズに伸びる美しい足、踊っているような優雅で女性らしいライディングに

憧れを抱かずにはいられません。

ショートボードとは全く違うラインを描くロングボーディングを

女性サーファーの目線から撮るというのは

とても新鮮で今後、よりフューチャーされるのではないのでしょうか。

女性サーファーと共に女性カメラマン、フィルマーが増え

どんどんサーフィンの世界を盛り上げていく未来がとっても楽しみですね。

 

 

最近の映像には欠かせないドローンでの空撮にチャレンジしてみたい方はこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-PICK UP

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.