女性のサーフィンライフを豊かにする総合情報サイト

SURFS UP MAGAZINE

ALL

自然と触れ合える最高の趣味!全ての人に伝えたいサーフィンの魅力とは。

投稿日:

私は30代突入目前にして最高の趣味と呼べるものに出逢いました。

それがサーフィン。

飽き性でうつり気な私はサーフィンと出逢うまで趣味と呼べるものが無く

どこか「これだ!!」と思える事をずっと探していたような気がします。

実際、サーフィンを続けていると

日焼けはするし、クラゲには刺されるし、常に身体のどこかにアザができがちだし

波に巻かれると苦しくて死にそうになるし、難しくてなかなかビギナーから抜け出せないし

・・・・もうっ!!!となる事もあります。

でもどんな不満もサーフィンが与えてくれる楽しさや喜びには勝てません。

比率でいうと9(楽しさ・喜び):1(不満)むしろ不満は0.00001くらい。

サーフィンってなんでこんなに楽しいんだろう。日々そう思っています。

ただ単純に海が好き。

サーフィンが気になってはいる。始めてみたい。

サーフィンがスランプ気味で少し楽しさが薄れつつある。

職場にサーファーがいたりパートナーがサーファーだけどなんでそこまで夢中になるかわからない。

などなど。

サーフィンをしている人もしていない人も関係なく

全ての人に伝えたいサーフィンの魅力をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク



全ての人に伝えたいサーフィンの魅力とは。

誰でも喜びや楽しさを感じる事ができる。

最近アメリカで注目を浴びている『サーフィンセラピー』をご存知ですか?

 

Cheryl Winsorさん(@cherylwinsor)がシェアした投稿 -

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を背負った人やうつ病を抱えている人などの心を

少しでも元気にする為のプログラムとしてサーフィンが導入されているんです。

 

例えばこちらの動画の男性。彼の名はマーティン・ポロック。

戦争で片腕と両足を失った退役軍人です。

アフガニスタンにて爆撃を受け奇跡的に生きながらえたものの

身体の一部を失い、爆撃のショックで大きなPTSDを抱えました。

そんな時サーフィンに出会った彼は

『まだまだこんな自分でもチャレンジできる事があるんだ』と自信がつき

人生の新たな楽しみを見つけ過去を受け入れることができるようになったそうです。

彼が波に向かって行く姿、ライディングには心打たれるものがあります。

 

そしてケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」でも

障害をもつ人達に向けたサーフィンプログラムが開催されました。

二つの動画を見ていただくと言葉にしなくても伝わると思いますが、

波に乗る。そんなシンプルな事が涙が出そうなくらい大きな幸せを与えてくれパワーの源になるんです。

海の流れを肌で感じる気持ちよさ、初めて波に乗った時に感じた爽快感。

どんな人も初めて波に乗ったときは嬉しくて自然と笑顔になっていると思います。

そして波に乗れるよう手助けしてくれ見守ってくれている人も笑顔に。

私は初めて波に乗った時の幸福感を一生忘れられません。

サーフィンで得られるこの独特の幸福感は年齢や職業、性別関係なく誰でも平等に与えられるものだと強く感じます。

悩み事を忘れてしまうくらい無心になれる。

 

We love surfingさん(@surfing__daily)がシェアした投稿 -

日頃、仕事や人間関係に疲れていてもサーフィンをしている間は

すぐに考えの矛先が海に集中するようになります。

とにかく波と周りの状況と自分の事で頭がいっぱいに。

夢中になっているというのはこういう事を言うんだなと毎回思います。

そしていい波に乗れたり、思い切り巻かれた時はさっきまで悩んでいた事なんてもう遥か遠くへ。

海の中から綺麗な朝日や夕日を見れた時、悩んでいる事がバカバカしくなるくらい心が洗われます。

自然に体を委ねる特別な時間。その余韻が幸せです。

海から上がったあとはとても清々しくその後の仕事がご機嫌で頑張れちゃうかも。

ダイエットにも効果的!!!

 

Sarah Bradyさん(@sarahhbrady)がシェアした投稿 -

社会人になると運動に集中できる機会が減りませんか?

特に女性はダイエットしようと思って食事制限やジムに入会してみても

なかなか続かなかったり。意気込んでいる思いとは裏腹に体重は増えていく辛さ。

ダイエットの成功までの道のりは長いと思っていましたが

サーフィンを始めてから自然と5キロ落ちました。

楽しくサーフィンに夢中になっていただけですが、知らない間に体幹が鍛えられていたり

パドルのおかげで二の腕周りが引き締まっていたり・・・・

特に意識する事なく周りにも驚かれるくらい体が引き締まりました。

サーフィンに集中していると気がついたら3時間くらい海の中で動いていたりするので

楽しいし程よく引き締まるし最高です!(筋肉つきやすい人はパドルだけでも結構つくかも)

ダイエット効果を上げたい方のサーフィン後の体内サポートにはこちらがオススメ!!

・効率的な運動能力の維持と栄養をしっかりサポートするアミノ酸サプリ「アミノスパルタンGOLD」 

携帯電話から解放される。

 

@speadieがシェアした投稿 -

普段携帯の画面ばかり見て、SNSに集中したりしまいがちの現代。

私自身、スマホ中毒に近いです。

しかし海の中にはよっぽどの理由がない限り携帯は持ち込みません。

ほとんどの人が携帯電話から解放されただ海を楽しんでいます。

海の中にいる間は携帯からの沢山の情報など強制的にシャットアウトできる状態なので

テクノロジーで知らない間にやや疲れ気味だった心身がリセットされるような感覚になれます。

もちろんいつでも自分自身をコントロールして携帯電話の電源をオフにする事も可能ですが

意思の弱い私にとって海の中で強制的にテクノロジーから解放されるこの時間は

大切にするべき時間だと思っています。

面白い仲間が沢山増える。

 

S E A B O N E Sさん(@seabonesbyronbay)がシェアした投稿 -

海の中には本当に面白い人ばかり。

  • 思い切って仕事を辞めて海の近くに移住してきた人
  • 世界中を旅してる人
  • 大きな会社をまとめている人
  • ノマドワーカーでフリーダムな人
  • メディアで活躍してる人
  • アパレルブランドで活躍している人

などとにかく色んな人がいます。

普段出会えないような人たちの話を聞くと

みんな色んな場所に足を運び色んな事にチャレンジしているんだなと刺激を受け

自分自身の視野が広がりより良い人生の為のヒントを得る事ができます。

海外に行って言葉が通じなくてもサーフィンだけでコミュニケーションが取れたり。

どんなサーファーも共通する事は『サーフィンが死ぬほど好き!』という事なので

自身が楽しくハッピーにサーフィンをしているだけで自然と人が集まりますよ♩

心が強くなる。

 

S E A B O N E Sさん(@seabonesbyronbay)がシェアした投稿 -

何度も言っていますがサーフィンって本当に難しいんです。

一つの波を超えるだけでもひっくり返ってしまいなかなか前に進まなかったり

やっと波に乗れる体制が整ったのに上手くテイクオフができなくて立った瞬間にこけてしまったり

思いっきり波に巻かれて苦しい思いをしたり。

それでも波に乗ったあの素晴らしい瞬間にもう一度味わいたいから必死にパドルをしチャレンジし続けます。

ズルなんてできないので一つの事に真っ正面から向き合うという事が自然と身につきます。

波の状況はすぐに変わるので、状況変化も受け入れれるように。

そうしている間に気がついたら体だけではなく心も鍛えられ自信がつき健康的になります。

まとめ

サーフィンをしていると本当に小さな事に幸せを感じるようになります。

実際にサーフィンをしている人は

幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」の分泌がより活発だそうです。

一度はまると人生が変わる人がいるくらい(私も)魅力たっぷりのサーフィン。

まだ経験していない方は是非チャレンジしてみてくださいね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ALL

Copyright© SURFS UP MAGAZINE , 2018 All Rights Reserved.